2016年9月29日木曜日

何か違和感を感じたとき


この半年間、なにか心に引っかかるものがあった。

先月、自分の心をしっかり見つめようと、思いつくままに、紙切れに、感じたことを書いて、広げた。

Duolingoをもっとしたい

本を読んでいない

本を読みたい

種蒔きが遅れている

耕しが遅れている

掃除をしなければいけない

集中するためには

バイク

酒量が多くなった

もっと時間を活用するためには


自分の行動を変えることにした。

①Duolingoを30xpしたら、とりあえず当日のDuolingoは終了する。

②その次に本を読む。

③本は常に持ち歩く。

④たとえ1分でも隙間時間があれば本を開く。

⑤その日の全体スケジュールを見て、だいたいやりたいことを割り振る。

⑥仕事ではぜひともやらなけばいけないことを色を変えて手帳に書き込む。



本を早く読めるかなと、速読の本を2冊買って読んだ。

少しはましになった気がする。

メンタルめんを鍛え直すために

ブッダの教え一日一話

それと、気分転換になるだろうと、百田さんの 鋼のメンタル を読んでみた。

週2冊本を読むのが今年の目標だった。

一冊しか読むことが出来なかったが、週1.5冊まで読めるようになった。

新聞も読む時間が作れるようになった。


ここ1週間は心も平安である。

うまくいっている。

仕事帰りにコンビニに寄って、カンチュウハイを買い、グビッと飲むのが最高の時間だったが
それも、止めた。
飲まずに仕事帰りの電車に乗って、音楽を聴きながら、本を読むのが日課になってきた。

いつまで続くか、楽しみだ。


2016年9月28日水曜日

雨の中収穫


庭の柿の実も色づいてきた。

季節は少しづつ進んでいるのを感じる。

今日も雨だ。
畑で作業は出来ないが、収穫をしなければいけない。


大阪湾方面は厚い雲に覆われていた。
時折、雨が激しく降っては、すぐ止む。
変な雨の降り方を繰り返す。


ハクサイは大分大きくなってきた。
虫食いも目立たなくなっていた。

しかし、キャベツとブロッコリーは半分ほど無くなっていた。
遅くに直播した種に期待しよう。


ネギは活着した模様だ。

ネギが不作なんて、こんな年は10年近くやっているが初めてだ。

玉ネギの種まきは細心の注意をした蒔かなければ。


ジャガイモの畝の黒マルチが膨れていた。

黒マルチを破ると、中からジャガイモの新芽が出てきた。



大根とニンジンの畝。

二畝とも虫食いも無く、順調に大きくなっていた。

キスジノハムシに注意して、虫を見つけたらすぐに処置しないといけない。

昨年の失敗を繰り返さないために。

一通り、野菜たちを見回った後、収穫作業に取り掛かった。

インゲンを収穫していると、足元に大きな実を見つけた。

トウガンだ。

カボチャの種だと思って蒔いた種がトウガンだったのだ。

シカク豆は良くなっていた。

シシトウはもう終わりに近い。

パプリカも終わりだ。

ナスは数本枯れていた。

これも終わりだな。

ゴーヤは6本も生っていた。

これはまだまだ元気だ。

ハクサイやキャベツなどの秋冬野菜が収穫できるまで、つなぎで生り続けてほしいものだ。

今日収穫したものの半分はNEILにプレゼントだ。

明日職場に持って行こう。


2016年9月24日土曜日

種蒔き、ネギ定植


今日はこの第2畑に種蒔きとネギの定植をしなければいけない。

それが終わったら、画像の寒冷紗をかけた5畝すべての虫取りをする。

予定通り終わったので良かった。


まず、欠かせないのが蚊取り線香。
これが無ければ、すぐに蚊の餌食になる。


あぜ道にはヒガンバナが満開だ。
明日は彼岸の明けの日25日。
本当にヒガンバナは季節、いや日にちを間違うことは無い。


ハクサイとキャベツの種を蒔いた畝に寒冷紗の防虫ネットをかけた。

その次は種まきだ。


左からホウレンソウ
チンゲンサイ、このチンゲンサイは種が少なくてほんの3穴しか蒔けなかった。
同じ条に自家採取の種ブロッコリーを45センチ間隔で蒔いた。
3条目はコマツナ。
4条目はベビーリーフを蒔いた。

この畝にもすぐに寒冷紗の防虫ネットをかけた。


次はネギの定植だ。

手前の大きいネギはかろうじて残ったネギ。
もう収穫できる大きさになっている。
その奥にはホームセンターで購入した干したネギを植えた。

そして最後はセルポットに種をまき育てた小さなネギの苗。

収穫作業にかかることにした。


台風16号で倒れたオクラを支柱で支えた。
オクラはまだまだ生っている。

インゲンを収穫。
トマトを収穫。もうトマトは終わりだ。

シカク豆は今が盛りだ。

夏野菜が無くなるころに、生ってくれる野菜は貴重だ。

それと、シカク豆は栄養価も高い。


収穫を終えて、最後の作業に取り掛かった。

一番最初に植えた、5畝の虫取りだ。

夜盗虫やキスジノハムシの害が多い。

ブロッコリーやキャベツを夜盗虫は坊主にしていた。

キスジノハムシは白菜の葉をスノコ状に穴を開けていた。

一株ずつ根元から確認し、見つけたらすぐに処置した。

まだまだ気温の高い時期の野菜作りは本当に大変だ。


今日は予定通り作業が進んだ。

種が無かった、コカブの種を購入し次は蒔こう。

それと玉ねぎの種も。


2016年9月22日木曜日

出勤前のバイク


山は霧がかかっていた。

ひんやりとする木立の道をゆっくりと走るのは気持ちのいいものだ。

プロのネギ畑を見つけた。

株は一塊に10株以上ある。

株間は約10センチ。

条間は約20センチあった。




私は今年はまだネギを定植していない。

次の休みにはしなければいけない。

今日見たネギ畑を参考にさせていただこう。



大阪湾を見ると、りんくうタウンの高層ビルが見えた。

もう少しするとそこまで行って、長い仕事に取り掛かる。

あと数年仕事人生を楽しもう。

2週間ほど乗っていなかったがエンジンのかかりは良かった。

途中一度エンストしたが燃料タンクのキャップを上げるとすぐ調子よくなった。

直さねばならないが優先順位が後順位でずるずると後回しになっている。

そうだ、台風16号のせいで、我が家の北側の大屋根の樋が半分飛ばされていた。

これから先に直さないといけない。

大屋根だけにどうしたものか。

まずは現場の屋根に上がり見ることから始めたい。





2016年9月20日火曜日

雨の中収穫


台風16号がどんどん近づいてくる。

雨は降っている。

止むことなく、さらに強くなるだろう。

雨が降っていても、収穫はしなければいけない。
NEILに明日持っていくと約束した。
野菜を収穫せねば。

ヤッケを着て、頭に手ぬぐいを巻き、畑に向かった。

大阪湾はどんより曇っていた。


まずオクラから収穫。

インゲン、シカク豆を収穫。

唐辛子、ピーマン、パプリカを収穫。


第1畑を後にし、第2畑に向かった。



もう、身体はずぶぬれだ。

第2畑ではゴーヤを収穫。


それと、シシトウも。

あ、そうだ、種から育てた、ニラをカットし収穫。


収穫後、すぐに自宅に戻った。

野菜ももちろんずぶぬれだ。

新聞紙の上に広げて、扇風機の風を当て、乾かした。



夕方、品種別にビニール袋に入れた。
NEILは単身赴任だから、これだけもいらないだろう。
適当に小分けして、渡すのをトートバックに入れた。

明日から当分の間、夏野菜三昧が出来るだろう。


2016年9月19日月曜日

種蒔き


めちゃくちゃ眠たいがやることはやらねばならぬ。

一日が二日三日に感じられる、24勤務明け。

午前零時をまたぎ仕事をし、そしてまだ大部分の方が寝ている時、仕事を開始。
その日の仕事を午前9時過ぎに終わる。

ここからが、自分の時間だ。

今日は種まきをしたい。
明日は台風16号が近畿地方を通り過ぎるらしい。
なんとか、白菜の種をまき、結球できるようにしたい。
ハクサイは9月中旬までに種を蒔かないと結球しにくいから。


200穴のセルに蒔いて、育てた苗を植えた畝の白菜はもうこんなに大きくなっている。

これは、間違いなく結球するだろう。

葉に虫食いの跡がある。
眼鏡をかけて、虫を退治したいが、今は出来ない。

種蒔きをしなければ。



左の畝から白菜の種を蒔いた。
種は無双。早生の品種で種まきから約2か月で収穫できる。
毎年この種を蒔いているが、ほとんど失敗したことは無い。

約45センチ間隔で種を数粒落とした。

この畝には結球レタスの種を混植として蒔いた。

右の畝には時なしキャベツの種を蒔いた。

ここにも混植として、結球レタスの種を蒔いた。

畝の中央の穴にはレッドリーフレタスの種を蒔いた。


一番左の畝に穴開きマルチをかけて、葉物野菜の種を蒔くことにした。

しかし、いつものように、この時間になると、めちゃくちゃに眠たくなる。

もう限界と帰って寝ることにした。

Duolingoを30xpしなければいけない。

明日は台風が来る前にNEILに渡す野菜の収穫をしなければいけない。
もう、たいして、夏野菜は残っていないが、彼一人が数日食べる野菜は収穫できるだろう。

明日は明るくなったら畑に行き、収穫から作業を開始したい。


2016年9月16日金曜日

耕し、畝立て


曇っている。
しかし、全く風がない。
朝から蒸し暑かった。

今日の予定は第2畑の耕しと畝立て。

その前に昨日夜勤明けのぼけた頭のまま植え付けたジャガイモを見に行った。

気になっていたことが現実だった。

畝を立てて植え付けたのだが、畝の端に種イモを置いた気がしていた。
その通りだった。
なんでそうなったのか、ボケた頭だったからだろう。


全て一からやり直した。

そして、黒マルチをかけた。
芽が出てきたら、黒マルチをハサミで切り、葉と茎だけを黒マルチから出そう。
黒マルチをしていることで土寄せもいらないだろう。
芽が多数出てきたら、いいのを1本か2本残そう。

次は第2畑だ。

ここを耕す。

除草し、マルチのがらを取り除いた。

貝の石灰をまき、発酵鶏糞をまき、土を反転した。

これが重労働。

流れる汗をふきふき頑張ること数時間。

やっとぽちを入れることができた。



さあ、畝立てだ。



畝幅約70センチ、畝間約40センチにした。



穴開きマルチを二畝被せたところで、本日の作業は終了。

種蒔きをしたかったが、出来なかった。

ゴーヤやシカク豆、トマト、オクラ、ピーマン等々をバケツ一杯収穫して自宅に戻った。

本当に疲れた。

体重を測ると、朝より1.5kg減っていた。

ペットボトル2本も飲んだが、それ以上に体内の水分が減ったということか。

シャワー浴び、薄めのよかいちを飲みながら、英語学習アプリDuolingoを30xpやった。
これで、307日連続学習を継続することができた。
あと二か月弱でやり始めてから一年になる。

学習を終えて、安心したのか、眠くなり、床に入るなり爆睡だった。