2017年9月24日日曜日

家庭菜園畑の作業記録 24勤務明けの耕し


仕事を終え、12時ごろ自宅に戻り、昼飯を食べてすぐに畑に向かった。
仮眠は3時間弱しかとっていなく、頭はボーとしているが、今年の畑作業は遅れ気味だ。
なんとか、9月いっぱいで、畑を苗を定植できる状態にしたい思いだ。

9月21日に定植した、ハクサイの苗は順調に大きくなっていた。


ハクサイは元気だった。


これはブロッコリー。
新しく耕すところに、狭く植えているところの苗をほりあげ、移植したい。


今日の作業予定は、寒冷紗の向こうを耕すこと。


先日刈った草を片付けた。
同時に黒マルチも草とより分けて使い切った肥料の袋に入れた。


明日は仕事休みだ。
明日、耕し、残りの白菜と、キャベツを定植するところには、貝の石灰をまき、
数日後の仕事休みに耕すところには苦土石灰をまいた。


ごっそりフォークで反転していると、竹の根っこや樹木の根っこが出てくる。
我が畑の東は竹林だ。
竹の根っこがどんどん畑にに侵入してきている。


太くて勢いがある根っこだ。

この畑も数年耕さずほっておいていると、竹林になるのだろう。

話は変わるが・・・
今読んでいる本は
「河合雅司著 未来」

今から100年後の日本の人口は約5000万人になると書いてあった。
ほんとかな~と思いながら読んでいると、結構説得力がある。

なんでこんなことを書いているかと言えば

畑も数年掘っておくと、竹林になる。
土地はあっても耕す人がいないと森に戻る。
人が生きるために必要な野菜が作れない状態になる。

人口減も真剣に対策しないと100年後には江戸時代の人口に戻るのだろうか。
江戸時代は開拓をし、耕作面積を増やし、それによって江戸も各藩も人口が増えた。
今は畑はあるのにそれを耕す人がだんだんと減っている。
そのままでいいのだろうか。

私のぼけた頭では理解を超えているが、未来予想を本当に真剣に考え対策を実行するときに来たのだろうと言うことは分かった。


私の畑は元は田んぼだ。
田んぼは水を張り、稲を植える。

畑も植える前は水を張ることができるが
植える時からは水を張ることはできない。


耕し、反転し、土の中に新鮮な空気層を作ることが、いい野菜を作るコツだと私は思っている。
体力がいるが、たった3アールぐらいの家庭菜園の畑だ、いい野菜を作る思いがあれば、70歳を超えても、続けられるだろう。

私が作った野菜を喜んでくれる人々の笑顔が見たい。
これが、私の身体のエンジン。




2017年9月21日木曜日

家庭菜園畑の作業記録 ハクサイ、ブロッコリーの定植 その1



今日は出来た苗の半分を定植することにした。
全部はたぶんできないと判断。
その判断は正しかった。
暗くなる、夕方6時までかかってしまった。

今日定植したのは上の苗全部、ハクサイとブロッコリーだ。


イチゴの後を耕し植える。
その前にインゲンやキュウリの支柱も撤去し、草刈りをすることにした。




草と刈ったところにも、残りの白菜と、キャベツの苗を定植しなければいけない。

イチゴの後は貝の石灰をまき、ごっそりフォークで反転した。


肥料をまき、ヤンマーぽちで耕した。


畝間40センチ、畝幅60センチの畝を4つ立てた。

40センチから50センチの間隔の植え穴を掘り、そこに水をたっぷり入れた。


まずは白菜から




ハクサイは約70株、ブロッコリーは約30株定植した。


すぐに虫除けの寒冷紗をかけた。


午後6時を過ぎ、あたりは御覧の通り暗くなった。

体中の節々が痛い。

でも、満足だ。

2017年9月13日水曜日

家庭菜園畑の作業記録:ジャガイモの植え付けと大根の種まき完了


いい天気だ。
こんな日は農業日和と言うのが私の口癖になってしまった。
今日の予定は
①ジャガイモの植え付け
②大根の種まき
結果から言えば、完璧に両方とも終わった。
体中が筋肉痛になってしまった。
腰も痛い。
それでも満足感でいっぱいだった。
充実した時間を持てて、私は本当に幸せ者だ。

まずは発芽した苗に水やりをした。



それが終わり、いよいよ作業開始。

スイカの後、ここに7畝立てる。

草を仮払い機で刈った。
黒マルチを片付けた。


綺麗になった。


今日はすぐに種を蒔くので、貝の石灰を蒔いた。
ジャガイモの植え付けの所は少し薄めにした。


ごっそフォークで反転した。
これが疲れる。
いい運動だと思い、頑張った。
70歳前でも体が動くから不思議だ。
丈夫な体に生んでくれた、亡き母に感謝だ。


反転が終わり、発酵鶏糞をまいた。


ヤンマーぽちで耕す。
3回回ってもダマが残る。
あまり細かくしなくてもいいやと途中でやめた。


仮に畝を立てた。


7つの畝のうち、5畝はジャガイモだ。
畝の中央に約10センチの穴を三角フォーで掘った。
そこに約30センチ間隔で種イモを置いた。
種イモは今年収穫したジャガイモの小さい奴だ。
本来は種イモを買わなければいけないのだろうが、家庭菜園だから、いいや。




種イモに土を被せた。
その上に888をパラパラとまいた。


肥料の上に更に土を寄せて、ジャガイモの植え付けは終了。
植え付け方は我流だが、これで毎年よく出来ているのでいいかと思っている。
芽が出てきたら、いい茎だけを1本か2本残して欠き取る。
そのあと様子を見て、株もとに土寄せをし、葉が枯れたら収穫だ。


最後に大根の種まきをして、本日の作業は終了。


空を見上げると、夕焼けが本当に綺麗だった。


次の仕事休みには
トマトを撤去し、そこを耕し、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーの苗を定植しなければいけない。
作業に追われるのは嫌だ。
作業を追いかけて、追い越したいものだ。

それにしても、疲れた~。


2017年9月11日月曜日

Duolingo660日連続達成






Duolingoをはじめたのが2年前の11月半ば。
あれから連日英語の学習を続けてきた。
今日、660日連続を達成した。
本当に嬉しい。
これほど頑張れたのはこの無料のスマホソフトの素晴らしさだろう。
基本の文法から始まりこれを達成すると、次々と問題が出てくるコーナーに移る。
瞬時にひらめいたフレーズをスマホに打ち込む。
最初はスペルの間違いが多く正解よりも間違いが多く、10xp(20問題)終わるまでの時間が長く感じた。
しかし、今ではスペルが頭の中に浮かんでくるようになってきた。
でも、まだまだだ。
いつになるのだろうか。
ストレスなく、話せるようになるには。
諦めず、毎日楽しんで、ボケ防止と思い、続けたいものだ。


2017年9月10日日曜日

Duolingo2日間で250XPチャレンジ




この頃週末土曜日になると土日で常日頃の50xpの何倍かのチャレンジのイベントをするようになってきた。
前回は4倍の200xp(400問題)だった。
実際は二日間なので2倍だ。
今回は前回より50xp(100問題)増えて250XP(500問題)になった。
挑戦されたからには受けなければならない。
頑張ってやることにした。
常日頃以上に隙間時間を見つけて問題をこなした。



達成した。

こんな画面が現れた。
遊び心がある。
これがあるから楽しく続けられるのだろう。
70歳を前にしても、感性は子供だ。


使うことも無いリンゴットだがこの表示で励まされているのかも。
昔昔やったパチンコにも通じるものがあるかもしれない。





2017年9月9日土曜日

家庭菜園畑の作業記録 イチゴの苗取り完了



やっとイチゴの苗取りが完了した。


11種類の種を蒔いた。
発芽したら、苗を育て、定植したい。








仕事で数日おきにしか畑に行けないので、水をたっぷりやり、更に新聞紙をかけ、その上からも水やりをした。
数日は持つだろう。

それが終わり、収穫をした。


今年のナスは調子がいい。
しかし、花を見ると、栄養が足りなそう。
穴肥を一つ一つの株に与えた。

時間が迫ってきたので本日はここまで。